非純正インクのトラブルはキャノンに限らず全種類のプリンターに起こります。よく起こりがちなトラブルで、一番困るものはインクカートリッジそのものを認識しないことです。印刷を急いでいる時に認識されないとストレスの原因になり、精神的にイライラがつのります。何度か試しても認識されないなら、インクを捨てるより方法がありません。また、印刷物に筋が入り、きれいな印刷にならない時もあります。ほとんどがヘッドが詰まったことが原因により発生し、純正インクのようにきれいな印刷に仕上がりません。一度筋が入り始めると、インク洗浄カートリッジで対処できますが、同じ状態が何度も起こるようになります。安価な非純正インクは購入した時にすでにICチップの破損があり、印刷はできても元の色と違う感じに印刷されたりします。

そもそもなぜキャノンの非純正インクを使用するのでしょう

キャノンの非純正インクでトラブルが起こるなか、なぜ非純正インクの需要が多いのでしょうか。それは値段の安さにあります。値段の安さでは純正インクには勝ち目がありません。でも印刷であまりにも前述のようなトラブルが多いと何度も印刷を繰り返し、結局インクがすぐになくなってしまったという場合も起こります。特にプリンターがインクカートリッジを認識しないと印刷ができないため、最悪外出してコンビニなどの店舗で印刷をしなければいけない、ということも起こり得ます。価格の高さにはそれなりの理由があります。最初から純正インクを購入して利用すると色々なトラブルは起こりません。印刷のトラブルで時間を無駄にしたくなかったら、純正のインクを使用するのが一番の方法です。純正のインクを使用すると、発色もよく見栄えの良い印刷ができます。

キャノンの純正インクは割引などをしている店舗で少しでも安く

純正インクは値段が高く、セットで購入した場合はレストランで食事をするぐらいの値段がかかります。キャノンの非純正インクの中には、互換インクやリサイクルインクがありますが、純正のインクと比べるとどうしても品質が悪くなります。質の悪いインクはプリンター自体が故障してしまうケースもあります。インクの安さにつられてプリンターを壊してしまったら、元も子もありません。キャノンの純正インクを通販のサイトや実店舗で安売りしているものを購入するなど、なるべく安い方法で純正インクを購入しましょう。実店舗が遠方の人は、交通費を節約してインターネットで購入して余計な出費を抑えることでより安く購入できます。非純正インクはカラー印刷でのトラブルが多いですが、モノラル印刷でも数字の部分が読めないなどのトラブルもありますので、純正インクでの印刷がベストな選択です。