キャノンのインク「純正インク」はメーカーのキャノン製造したもので、プリンターの特徴や機能について分かっているので、それに合わせたインクであり、純正を使えば故障する確立は低くなります。各色インクを自動的に分けて美しくプリントすることを実現しています。また「純正インク」を使うメリットとしては、メーカーの保証を受けられます。その一方で互換インクの普及も多く、純正インクと比べて価格は大幅にコストダウンが図られ、印刷の仕上がりは見分けが付かないしあがりになります、通販では価格が安くなっていたり、まとめての購入で送料は無料になったり、また激安単価を表しているところもありますが、保証がついている業者を選ぶようにします。また互換インクは純正よりも容量が多い場合があるので上手に利用するとお得です。

キャノンのインクの良いところは

キャノンのインクはキャノン独自で製作しており、安定した高画質プリントと定評があります。インクが漏れない、不純物が混入しない、人体に影響を及ぼさないといった材料を使用して、またその生産管理を徹底し、開発されています。それぞれのキャノのンプリンターに合わせてインクの特性を最適化しています。キャノン純正インクをキャノンのプリンターに使用するメリットは、独自に開発されているという安心感があり、純正インクを使用してプリンターに不都合があった場合は、メーカー保障期間内であれば無償修理対応が可能なことです。その為に純正インクは互換インクと比べると価格は高くなっています。また検証機関で、キヤノン製インクとそれ以外のインクにて、写真の印刷時の公開は、色あせ度合いの比較試験結果です。

キャノンのインクが信頼されるわけは

キャノンのインク容器である純正インクカートリッジの開発や製造、梱包は、すべて日本国内で行われています。キヤノンは、独自の技術に基づいて、高い品質のプリンター出力をするためのソフトウェアも開発しています。インクタンク・インクカートリッジ方式を採用しています。その為、プリントの枚数などに合わせた大容量のインクが詰められており、交換する回数を減らすことができあます。ただ長期間経過すると印刷品質が低下する場合があるので、半年以内に使いきるのがベストです。また、2008年に染料インク技術は高い画像堅牢性を実現し、アルバムでの存約300年、耐光性なら約40年、耐ガス性ならオゾンガスで約10年の保存ができまるようになりました。キヤノン純正インクはキャノンプリンターとの使用がおすすめです。